「児童発達支援センター」は平成32年度末までに各市町村に設置することとされています

障害児に対する重層的な地域支援体制の構築を目指すにあたり、中核的な

施設となる児童発達支援センターについてご紹介いたします。

児童発達支援センターは通所利用障害児への療育やその家族に対する支援(日常生活の

基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練等)を行うとともに、その有する専門機能を活かし、地域の障害児やその家族の相談支援、障害児を預かる施設への援助・助言を行う事業所(地域の中核的な支援施設)です。

 

児童発達支援センターは通所利用障害児への療育やその家族に対する支援を行うと

同時に地域の幼稚園や保育園、学校へ通う障害児が集団生活を営む施設の障害児

以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援(障害児本人に対する支援・

訪問先施設のスタッフに対する支援)を行うこと事業所です。

児童発達支援センターの事業内容については下記の資料をご参照ください。

★障害児支援の体系f:id:irumakikansoudan1:20170915161427p:plainf:id:irumakikansoudan1:20170915161456p:plainf:id:irumakikansoudan1:20170915161536p:plainf:id:irumakikansoudan1:20170915161600p:plainf:id:irumakikansoudan1:20170915161631p:plain

 出典:「障害者自立支援法等の一部を改正する法律案の概要」(厚生労働省

厚生労働省 障害者自立支援法等の一部を改正する法律案の概要の

 ページへ移動します。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000117930.pdf

 

児童発達支援センターでは児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業、

保育所等訪問支援、障害児相談支援事業・特定相談支援事業、療育相談等を

実施していますが、事業所によって実施している事業が異なります。

 

障害児に対する重層的な地域支援体制の構築のために設置することとされている児童発達支援センターや障害児支援の連携に関する資料を下記にまとめました。興味、関心のある方はご覧いただければ幸いです。

厚生労働省 障害児支援の在り方に関する検討会報告書(概要)へ移動します。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000051371.pdf

厚生労働省 地域における「縦横連携」のイメージ及び障害児の地域支援体制の

       整備の方向性のイメージのページへ移動します。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000172903.pdf

厚生労働省 支援提供の流れ(障害児相談支援事業者と児童発達支援センター等の

       関係、児童発達支援の提供プロセス)のページへ移動します。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000172905.pdf

厚生労働省 障害児支援の推進について・

       発達障害児支援施策の推進についてのページへ移動します。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000152988.pdf