所沢慈光病院連携連絡協議会に参加して地域移行・地域定着について考えたこと

平成29年4月17日に開催された所沢慈光病院連携連絡協議会に

参加させていただきました。

連携連絡協議会には行政機関、医療機関、相談支援事業所、当事者の家族会の皆様が

参加され、所沢慈光病院の入院と外来の状況や退院支援の事例報告、現状についての

意見交換を行い、様々な立場の皆様のお話を伺うことができました。

 

退院支援については基幹相談支援センターの取り組みの一つである地域移行・地域

定着の促進(相談支援事業の一つ)に関わる部分ですが、地域ではそれが進んでいない

現状もあります。

私自身が地域移行・地域定着を十分にイメージできていないところがあり、大変

恐縮ではありますが、皆様のお話を伺うなかで地域移行・地域定着の促進に向けて

感じたことをお伝えします。

①病院と地域のつながりが見えること

(つながりが仕組みとして構築され、それが可視化されること)

②支援機関の役割や枠組みが見えること

(それぞれの支援機関が何を、どこまで、どれくらい行えるのか表明する)

③印象やイメージの共有・伝達

(地域から見た病院と病院から見た地域)

 

所沢慈光病院の皆様とは地域移行支援で実際に関わる機会があり、退院支援について

共に考えていただけていると感じ、退院に向けた取り組みにもご協力いただいて

います。

地域移行・地域定着の促進のためには病院と地域がお互いを知り、そのうえで

共に考えていく必要があると考えました。

最後になりますがお忙しい中、ご対応いただきました所沢慈光病院の皆様ありがとう

ございました。

              入間市障害者基幹相談支援センター 並木